Instagramのアプリを開き、まず一番初めに目にするのは、タイムラインでの自身のアカウントでフォローしているユーザーの各投稿や、フォローしているハッシュタグの投稿ですね。

これらは、フィード(通常投稿)に投稿した順に表示される訳ではない、ということをご存じでしょうか。

実は、Instagramの高精度AIの分析アルゴリズムによって、おすすめ順に各投稿が表示されています。

なので、フォロワーには、自身が今しがた投稿したものは、必ずしもすぐに見てもらえるとは限りません。

では、どのようにしたら、各ユーザーのフィード内で、自身の投稿で上位表示が狙えるのか解説致します。

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。

Instagramのフィードとは

Instagramで投稿された写真や画像、動画は各ユーザーのタイムラインに表示されます。

ここの部分をフィード(通常投稿)といい、ユーザーがアプリを開き一番初めに目にする部分ですね。

これはTwitterやFacebookなどのSNSと同様に、自分がフォローしているアカウントや関連アカウントの投稿や情報などが一覧で表示されている画面になります。

フォローしているアカウント以外にフォローしている#(ハッシュタグ)も表示されます。

Instagramの表示順位を決めているのは

Instagramのアプリを開くと最初にフィードが目に入ります。

上にはフォローしているアカウントのストーリーズやライブ配信をしているユーザーのアイコンが表示され、その下にフォローしているアカウントの投稿が表示されます。

一番上に表示される投稿ですが、これは時間的に最新の投稿ではありません

Instagramのアルゴリズムによって上位表示されるようになっています。

では、フォロワーのフィード上位に投稿を表示させるためには、どのようにすればよいか、Instagramでは下記のように説明しています。

フィードで自身の投稿を上位に表示させるために

2016年以前は、Instagram上での表示順位は時系列順でした。しかし、内部でのアルゴリズムの大幅な変更により、表示順位は下記のようになりました。

Instagramのテクノロジーは、さまざまな方法やシグナルを利用して、フィードに投稿が表示される順序を決定しています。フィードの表示順を決定するために使用されるシグナルには、以下のようなものがあります。

・あなたがそのコンテンツに関心を持つ可能性の程度
・投稿がシェアされた日付
・投稿者との過去の交流

引用:Instagramヘルプセンター

投稿の表示順について、Instagramは次のようにしています。

新たなアルゴリズムでは、機械学習によりユーザーの行動を分析しています。

その行動により「どの投稿がユーザーの興味関心を刺激するか。」ということを予測し、フィードの表示順位に反映させているといった仕組みです。

簡単に言うと、
「ユーザーへのおすすめ順」
といった感じです。

フィードの表示順位の指標

各投稿へのアクション

ユーザーが似たような投稿に対して「いいね」や「コメント」などで、どれだけリアクションしているのかがフィードの順位を決める指標のひとつになっています。

投稿と言っても、フィードだけでなくストーリーズやライブ配信、ダイレクトメッセージのやり取りなど様々です。

InstagramのAIは「投稿へのアクションが頻繁にある=そのユーザーに興味がある」と認識します。

Instagramで投稿したユーザーは、閲覧ユーザーからアクションをもらえるような投稿を意識をしましょう。

では、アクションがもらえる投稿とは??

答えは簡単、「インスタ映え」です。

一概に「インスタ映え」とは、投稿そのものにストーリー性を感じさせ、ユーザーから興味を感じさせる絶好の投稿手法です。

ただ画像を闇雲に投稿し続けるのではなく、「インスタ映え」を積極的に意識し投稿の質を上げることで、閲覧ユーザーから多くのリアクションを得られるよう努めましょう。

「インスタ映え」についてまとめた記事はこちらから確認できますので、是非チェックしてみてください。

投稿の新しさ

時系列で判断されないとは言えど、投稿の新しさもアルゴリズムから判断される指標として重要になってきます。

日付の古い投稿はほとんどフィードの上には表示されません。

ですので、投稿頻度は今後意識しておいた方がよいでしょう。少なくても、3日に1度投稿をすることで、閲覧ユーザーも投稿を見逃す確率は格段に減少するでしょう。

現在は特に若い世代の情報収集ツールにもなっているため、投稿の新しさはユーザーにとっても「見るべき情報かどうか」判断されます。

Instagramの集客への運用方法について、こちらからチェックしてみてください!

アカウントとの関係性

Instagramにはタグ付けやコメントなどのコミュニケーション機能も備わっており、それらの機能を使うことで他アカウントとの関係性も分析されています。

ストーリーズや投稿によくタグ付けされるアカウントコメントのやり取りが多いアカウントの投稿はフィードの上位に表示されやすくなります。

問い合わせや、閲覧ユーザーからのコメントなどにはこまめに対応しておくことで、各ユーザーとの関係性が深いことをアルゴリズムがしっかりと認識するでしょう。

ユーザーが投稿を見ている時間の長さ

アルゴリズムでは、ユーザーが投稿を見ている時間の長さ(表示時間)も計測されているといわれています。こちらも表示順の指標のひとつになっています。

1秒見てスクロールされるより、10秒見てスクロールされた投稿の方がユーザーは興味があるという判断になります。

長く閲覧されるためには、投稿内のキャプション欄にはしっかりと内容や詳細、また、ハッシュタグもしっかりと選定しておくと、ユーザーは興味を示しやすく、閲覧時間も長くなるので、しっかりと記載しましょう。

まとめ

Instagramのタイムラインが時系列順に表示されないということはご理解いただけましたでしょうか。フォロワーに投稿を見てもらえなければ、宣伝効果は薄くなります。

積極的な交流や、フォロワーが興味を持ちそうな写真や画像、動画でまず投稿を見てもらえるようにしましょう。おのずとフォロワーのフィード上位にあなたの投稿が表示されています。

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。