Instagramを集客に。

Instagramは2010年にリリースされて以降、現在も多くのユーザーが利用しています。近年のSNSマーケティングにおいてInstagramを運用する企業も増加していますが、それと同時に運用において課題を抱える企業も多いのが現状です。

 

本記事ではInstagramのビジネスアカウントの特徴を軸に集客効果に繋がる運用のコツを紹介します。

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。

1.Instagramのビジネスアカウントとは?

Instagramのビジネスアカウントとは企業がアカウントを運用する際に役立つツールなどを使える企業向けのアカウントです。多くの企業が顧客との接点や集客のためにInstagramを利用し、自社の情報やサービスの発信が主な目的となっています。

Instagramビジネスアカウントでは、自社のWebサイトへのリンクを繋げたり商品を直接オーダーしてもらえるEコマースの機能を使ったりなど、多彩なオプション機能が無料で利用可能です。

 

これらの機能は、顧客層や顧客の行動を理解するのに役立ち、より多くの人にリーチしてビジネスを拡大に役立つ点において流行していると言えます。

Instagramビジネスアカウントの特徴

 

では、Instagramビジネスアカウントではどんなことができるのか特徴も踏まえて紹介します。

 

◎ビジネス情報やアクションボタンが設定可能

ビジネスアカウントを利用する企業ブランドのプロフィールを簡単に作成することができます。個人アカウントとは異なり、以下のビジネス情報が追加可能になります。

 

・連絡先オプション・・・電話番号や住所、メールアドレス

・アクションボタン・・・「予約する」「席を予約する」が選択可能

 

連絡先情報があると、プロフィールに「問い合わせボタン」が表示でき、利用者が簡単に連絡できるようになります。連絡先の情報が確認できることで、ユーザーがサービス提供者の情報にアクセスできるようになると安心したコミュニケーションが可能になります。

 

◎Instagramインサイトを無料で利用可能

ビジネスやアカウントを成長させていく上で、フォロワーの状況や投稿のパフォーマンスを計ることが大切になります。ビジネスアカウントに切り替えると「Instagramインサイト」という無料の分析ツールが利用可能になります。投稿によってリーチしたアカウント数やフォロワー数などを確認することができます。

 

また、パフォーマンスが高い投稿とそのリーチ数をすぐに確認することができ、ユーザーの興味を検証し、今後の投稿内容に役立たせることもできます。

 

実際にInstagramを基に集客に繋げるには?

集客成功までの流れは、以下になります。

「アカウントの認知を広げる」

「ユーザーの熱量を高める」

「購買に繋がるアクションを促す」

 

このプロセスの全体を踏まえて、各フェーズで適切なアプローチを実施すれば、確実に集客効果を導くことができます。

アカウントの認知を広げる方法

◎ハッシュタグの活用

ハッシュタグを上手く活用すれば、検索結果において投稿の露出頻度を高めることができます。投稿の露出度が高まれば、自ずとアカウントの閲覧回数も増加します。その点、ハッシュタグはアカウントの存在を知ってもらう際に最も有効的な施策と言えます。

 

日本のInstagramユーザーは、他国のInstagramユーザーと比較して、5倍もハッシュタグ検索を使用すると言われています。投稿には必ずハッシュタグを付けることや投稿との関連性や競合の数を考慮した上で選定することが大切になります。

◎UGC生成を促す

UGCとは、ユーザー生成コンテンツのことです。ある商品に対する口コミやレビューなどが主なUGCとして挙げられます。 UGCはユーザーが商品を決めるときに、大いに参考にする情報と言われています。よって、一般的にはユーザーの商品に対する信頼性を上げるときに活用されます。

 

他にもUGCには商品やブランドの認知を広げてくれる働きも期待できます。例えば、あるユーザーのアカウントで商品が紹介されれば、そのユーザーのフォロワーに商品やアカウントの存在を知ってもらえます。そのためアカウントの認知を広げるときは、ハッシュタグの活用にプラスして、UGCの生成を促す施策を取り入れることがポイントです。

 

では、UGCの生成を促すにはどうすれば良いかを紹介します。簡単にできる方法としては、ユーザーの投稿をリポストすることが挙げられます。ユーザーに商品に関する投稿をしてもらい、その投稿を自社アカウントでリポストするのです。ユーザーは企業アカウントで自身の投稿を紹介してもらえることを嬉しく思いますし企業との交流にメリットがあると感じてもらえるので、UGCを一定数増やせることが期待できます

◎Webサイトや他のSNSと連携を高める

元々Instagramは、他のSNSと比べて拡散力が高くありません。そこで取り入れたい手法が「Webサイトや他のSNSと連携すること」です。

自社サイトやFacebook・Twitterなどと連携することで、アカウントの認知が広がります。Instagram以外のプラットフォームからの訪問数を増やすこともできます。

ユーザーの熱量を高める方法

◎ユーザーが求める情報を発信する

現在、ユーザーが企業アカウントに求める情報は、基本的に「自分の生活に役立つもの」「見て楽しめるもの」です。このニーズを理解しそれに応じた情報を継続的に発信することで、ユーザーに関心を寄せてもらいやすくなります。この特徴からユーザーが求める情報の提供は、ストック型コンテンツと言えます。

日々の投稿ではまずユーザーに「参考になる」「見ていて楽しい」と思ってもらえる情報発信を心掛けすることが大切です。具体的にどのような情報が役に立つか、また楽しめるかはユーザーの属性によって異なります。ターゲット設定で決めたユーザー像をもとに、コンテンツを設計する必要があります。

 

◎キャンペーン情報を随時配信する

商品の販売促進では、定期的にキャンペーンを開催し、安価で商品を購入できるチャンスを提供することが多いです。Instagramでもお得に商品を獲得できる情報をアップしユーザーの商品を欲する熱量を高めることが重要です。

 

しかしキャンペーン情報はフロー型コンテンツであり、その効果は一時的です。重要なのは、ユーザーと接触する回数を増やし、その商品を選ぶメリットを知ってもらうことです。継続的にユーザーと交流し、自社ブランドへの信頼性や商品への関心を抱いてもらいましょう。

 

まとめ

Instagramを是非集客に活用していきましょう。

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。