私たちのライフスタイルも非接触を主体し、よりオンラインでのつながりを強めています。企業や飲食店では今まで以上にSNSを活用させたマーケティングを活発化させております。

そのSNSの中でもInstagramでは最も大きな変容を遂げております。そして2021年3月、日本発でInstagram の地図検索機能が試験的に実装され、2021年6月現在本格的に実装されました。

また、現在英国圏のみでキーワード検索も実装されており、今年2021年はInstagramの本格的なGoogle化の波ともいえるでしょう。

この機能は各業界に多大な影響を与えることは疑いようがありません。

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。

Instagramの地図検索とは?

Facebook Japanは2021年3月からInstagram内で、地図から飲食店や美容院などが検索できる機能のテストを始めました。

ユーザーはInstagramの検索機能に「地図」というメニューが追加され、Instagram上の口コミや投稿を基に近隣の飲食店やカフェなどを地図と探し出すことが出来ます。

Instagramの検索画面上に、地図を示すアイコンが表示されています。

今回の実装はテストを目的に2021年3月から、2021年6月現在では試験仕様を経て本格的な機能として、日本と台湾の一部の利用者にターゲットに提供されています。

この地図をタップすると、自身が今いる場所の近隣にある飲食店や観光スポットなどを探しだすことが出来ます。

Instagram上に地図が表示され、周辺の店舗をマッピング。Instagramの利用動向に応じて、利用者ごとに最適化された形で店舗が表示されます。

また、食べログやぐるなび、Google マップといった地図情報を基に展開しているローカル情報検索に対しても大きな影響を与えていくことは間違いないです。

Instagramの地図検索によって何が起きる?

地図の検索結果に表示された店舗情報には、過去に来店したユーザーがInstagramに投稿した写真が表示されます。

写真と共にユーザーのリアルな口コミやレビューを参考に飲食店を探せる点が、Instagramならではの強みといえますね。地図を動かして、「このエリアを検索」というアイコンをタップすれば、気になるのエリアの店舗情報を効率的に検索することが出来ます。

また、検索機能には関連ワードとして「カフェ」や「レストラン」といったカテゴリーが表示される。これを選択することで、より目的に沿って検索できる。

Instagram地図検索機能におすすめの業種

Googleマップでは、あらゆる場所を詳細に検索できるのに対して、Instagramの「地図」は飲食店や美容室・観光などの業種の検索に特化しています。

機能面の違いを上げると、Googleマップにはローカルガイドによるクチコミ機能があります。サービスの評価として、五段階での採点表示・レビューコメントや写真を投稿することができます。また、店舗オーナーはGoogleマイビジネスを使ってクチコミの管理ができるのが特徴です。

Instagram「地図」は位置情報が入った投稿が表示されるため、より気軽に投稿から地図検索機能にアプローチすることができます。

Instagramの性質上、地図上でも写真など視覚的な情報発信が可能なため、飲食や美容・観光業においてはかなり効果的な機能になりますね。

Instagramの地図検索機能では、2021年6月時点で9つのカテゴリーがあり、目的に沿ったカテゴリーから店舗検索が可能です。

表示される地図検索機能のジャンルとしては

・カフェ
・レストラン
・観光名所
・ホテル
・美容院
・ラーメン
・パン屋
・スイーツ
・バー

です。

観光名所には「ライブハウス」「神社・仏閣」「ギャラリー」などが含まれています。

InstagramのGoogle化?インスタキーワード検索も実装?

Google検索を「ググる

Instagramのハッシュタグ検索をしたり、投稿にタグ付けを行う行為を「タグる」と言い換えたりと、今では当たり前の操作ですね。

そして、これまでInstagramで情報収集を行うには、アカウントやハッシュタグ、位置情報からの検索のみとなっていましたが、今回新たにInstagramのキーワード検索が実装されました。

英語圏6カ国(アメリカ、イングランド、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)を対象にキーワード検索機能の導入を各現地メディアでも取り上げられています。

このキーワード検索は 日本国内利用者がハッシュタグで検索する件数は、グローバル平均の5倍高いと言われており、2021年このキーワード検索も日本国内で実装されるだろうと期待されます。

GoogleマップやGoogle検索の対策としてローカルビジネス情報を管理しているオーナー様は、Googleマイビジネスとの違いが気になるかと思います。

InstagramのGoogle化⁉地図検索とMEO

Googleには地域検索最適化(Map Engine Optimization)という、周辺施設をリスト化し簡単に店舗の情報を検索する機能を有しております。

Googleマイビジネスページを登録し、MEO検索で上位表示を得ることで多くのユーザーに効果的に店舗情報を発信し、来店するユーザーを増やすアプローチが可能です。

店舗を、地域+業種で検索できる点や、GoogleマイビジネスやInstagramアカウントで簡単に店舗情報を手に入れられる点など、Instagram地図検索は、このMEO機能に類似しています。

MEOでは、検索の上位表示が出るように対策することで、大きな集客効果が見込めます。

恐らくこのInstagramの地図検索機能が浸透していくことで、MEOのようにそこでの集客対策する店舗やアカウントもぐんと増えていくでしょう。

これはGoogleへのInstagramの宣戦布告と捉えることも出来るのでしょうか。Instagramが成長しよりGoogle化を進めることで、今後Googleでもサービスの強化が考えられます。

まとめ

日本国内で、Instagramは今や若い世代だけでなく、老若男女様々な層のユーザーが利用するアプリケーションです。

Instagramの地図検索やキーワード検索の実装により、利用者の層や母数も今以上の急成長が見込めます。今から、上記のポイントを意識して投稿を積み重ねて、いざ波が来た時に乗り遅れないように!

また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。