Instagramを集客に展開していきましょう。

Instagramは今や全世界で10億人以上の登録人口を誇るSNSです。文章ではなく画像や動画で視覚的に情報を発信し、ユーザー間で気軽にコミュニケーションを取ることが出来るため、今では大企業までもがInstagramに本格的なアカウントを展開しています。

そして、Instagramを集客に展開するためにはそのアルゴリズムを理解することで、投稿を見るユーザーに対して自身の投稿の表示頻度を飛躍的に上げることが出来ます。

アルゴリズムは聞きなじみのない単語ではあると思いますが、ある意味でInstagram運用でのテクニックになり得ますので是非チェックしてみてください!

まずはアカウントを作り、投稿を重ねるところからスタートしていきましょう。また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。

Instagramのアルゴリズムとは

Instagramにおけるアルゴリズムとは、
簡単に言うと「Instagramのシステムがあなたや他ユーザーにどんな投稿を表示させるか判断する仕組み」のことです。

Instagramでは高度なAI(人工知能)を使って、ユーザーの一人一人が気に入る投稿を自動的に表示しています。

たとえば「発見タブ(虫眼鏡マーク)」においては、ユーザーの一人一人で表示が異なっており、見ているユーザーが気に入ってくれそうな他ユーザーの動画や写真を優先的に表示させるようになっています。

Instagramアルゴリズムの理解がなぜ重要なのか

なぜInstagramのアルゴリズムの理解が重要なのかというと、自分のInstagram投稿を見てもらえる可能性が高まるからです。

Instagramではさまざまな要素から「人におすすめできる投稿か否か」を判断し、評価が高い投稿を積極的に他のユーザーに見せるようなシステムになっています。

これはつまり、Instagramのアルゴリズムを理解し自分のコンテンツを改良することで、他ユーザーに表示されやすくなり、必然的にいいねやフォロワーの獲得につながりやすくなるということを意味しています。

Instagramのアルゴリズムでは

Instagramに投稿した人
・Instagramを見ている人
・Instagram投稿

の様々な要素をチェックして表示するコンテンツを変えています。

この、表示するコンテンツを決める様々な要素は「シグナル」と呼ばれており、Instagramにおいては数千ものシグナルを使って多角的・総合的に分析してコンテンツの表示を判断しています。

Instagramのアルゴリズムを解説するといいましたが、本質的には「ユーザーにとってメリットのあるコンテンツを発信し続けること」が最も重要です。

Instagramのアルゴリズムを理解することで確かに、他のユーザーに表示されやすくなり、フォロワーを獲得する上で有利になるのは大きなメリットです。

フィード投稿の表示で重要視されている5つのアクション

Instagramのアルゴリズムでは、投稿を見たユーザーが下記の5つのアクションをとってくれそうだと判断された投稿が優先的に表示されます。

・投稿閲覧時間
・コメント
・いいね
・保存
・プロフィール写真のタップ

上記の5点を投稿を見たユーザーにアクションしてもらうことで、継続してこのアカウントを見てもらいやすくなります。ではどのようにアプローチすれば良いのでしょうか?

具体的な投稿の要素としては

複数写真や動画で長い時間投稿を見てもらう
・ユーザーが心から共感できる
・役立つ情報で後で見返したくなる
・投稿の最後の画像に「プロフィールも見てね」と導線がある

などが挙げられますので、これらを意識して投稿をつくることで、アルゴリズムにも閲覧しているユーザーにも評価の高いコンテンツを作成することが出来ます。

【注意点!】同じ人からのInstagram投稿は連続表示されない

Instagramでは様々なユーザーの投稿を見て新しい発見を得てもらうために、同じユーザーの投稿が連続で表示されないようになっています。

よって、短時間で連続に大量の投稿をするのは避けるのが無難といえるでしょう。

【注意点!】ユーザーファーストの目線を大事に

アルゴリズムに乗っ取った投稿を狙うあまりに、誰に何のために投稿を行っているのか目的が見えにくくなってしまいます。

ユーザーファーストの視点がおろそかになってしまい、多くのアカウントに自身の投稿が認知されたとしてもフォロワーの増加やブランディングにおいてあまり影響の出るようなことはないでしょう。

「ユーザーファースト」の投稿をすることで結果的にInstagramのアルゴリズムで有利に働きますので、ぜひフォロワーに目を向けることを忘れないようにしましょう。

Instagramアルゴリズムを駆使して上位表示を狙うテクニック

フォロワーの継続的なエンゲージメントやは、今までに増して重要です(彼らのフィードのトップ位置を占めるという点ではとくに)。

コンテンツによる関係性の作り方は次のとおりです。

UGCの獲得

ユーザー作成コンテンツは、あなたのブランディングをさらに多くのユーザーに認知させるために重要なコンテンツです。

ユーザーが自身で作成したコンテンツをUGC(User Generated Content)といい、口コミやレビューなどで多く利用されます。このUGCをユーザーに作成を促し、UGCをストーリーで拡散することで新たなユーザー獲得にも大きく貢献します。

リール投稿

Instagramのリールは、非常に人気のある短尺の動画投稿です。

15秒の動画をオーディオやエフェクト、さまざまなクリエイティブツールと一緒に作成して、視聴者を楽しませることが出来ます。内容によっては動画に対する閲覧時間やいいねをどんどん獲得していくことが出来るため、企業も積極的に利用していま。

またリールはフィードでシェアされ、「発見」タブにも表示されて今まで以上に多くの人の目に触れるようになるでしょう。IGTV

IGTVは長尺・全画面表示の非常に感度の高い動画投稿になります。

ストーリーズやリールではできない長尺のコンテンツを展開できるため、より深い情報をユーザーに発信するために効果的なコンテンツとなっております。

InstagramをYouTubeのように活用することが出来るため、動画を見てくれれば投稿の閲覧時間を容易に伸ばすことが出来ますね。

また、IGTVではキャプション欄にURLを貼ることのできる唯一の投稿になるので活用しないとむしろ損かもしれません。

ストーリーズに投稿をシェア

Instagramでは、オリジナルのコンテンツの投稿を推奨していることから、フィード投稿をストーリーズに再シェアすることを重要視していませんでした。

過去のフィード投稿を再シェアしたストーリーズは優先的に表示されないようになっていました。

しかし、最近ではこの方針が変わり、ストーリーズにフィード投稿を再シェアしてもInstagramアルゴリズムによって投稿の表示が不利になることは無くなっています。

是非フィード投稿をした際には、ストーリーズへの投稿も合わせて情報を発信していきましょう。

まとめ

Instagramを集客に展開するためにはそのアルゴリズムを理解することで、投稿を見るユーザーに対して自身の投稿の表示頻度を確実に上げることが出来ます。

アルゴリズムは聞きなじみのない単語ではあると思いますが、このInstagram運用でのテクニックになりますので、是非活用してみてください!

まずはアカウントを作り、投稿を重ねるところからスタートしていきましょう。また、Tplus株式会社では年間300アカウント以上の圧倒的な運用実績を元に、WEB上でお客様のサービスに最も適した集客の方法、Instagramのより効果的な集客方法について、無料アドバイス・無料相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。